先週は、いきなりの高額配当的中(東京9レース)で大幅プラス収支が確定。

その後のレースは見ずに終えました。

やはり今年の3歳馬もなかなかレベルが高いと感じていますので、恐らく

夏競馬で大暴れしてくれることでしょう。

…と余談はこの辺にして、先週【競馬予想ブログ】で公開した穴馬の結果です。

 

【2017年6月】複勝率37%(8戦3勝)


第1週:4戦1勝

(フィールドシャルム)

第2週:4戦2勝

(メイショウグジョウ、マキシマムドパリ)

第3週:*戦*勝

()

第4週:*戦*勝

()

 

先週は【メイショウグジョウ(8番人気)、マキシマムドパリ(3番人気)】が複勝圏内に好走しました。

 

マーメイドステークスの「マキシマムドパリ」は上位人気になってしまったのでおいといて、

(誰でも的中できるでしょうから)、やはり本日の大勝利の立役者は「メイショウグジョウ」です。

 

例年、日本ダービー翌週からは「3歳馬vs古馬」・「降級馬vs現級馬」という構図となるため、

オッズの歪みが発生します。この所謂「バブル競馬」は、毎年、夏競馬終了時まで続きますので、

玄人からすれば、この期間がもっともオイシイ状態で、的中馬券にありつけます。

 

今回の「メイショウグジョウ」もやはり3歳馬。

まさに毎年恒例の「バブル競馬」を象徴するようなレースでした。

 

尚、当レースでは、意味不明な1・2番人気(どちらも現級の1400Mで実績なし)がともに

着外に飛んでくれたため、現級の1400Mのクラス実績がある「ダノンフェイス(3番人気)」

とのワイド馬券で「28.7倍」、同じ意味合い馬券である、三連単の2頭軸マルチであれば

「5421.1倍」と、ともに超高額配当馬券になりました!

 

 

やはり、バブル競馬は堪りません!

 

ただ注意点が一つ。

安易に、3歳馬・降級馬を狙うという単純なものではないということは理解してください。

数あるうちの1つだけ、例を挙げると「強豪馬との対戦歴があること」ですかね。

シンプルですが、これは重要な指標の1つになるかと思います。

 

ちなみに、読者もそれほど多くありませんし、そろそろ買い目の無料公開をしても

良い時期だと感じでいるので、本ブログまたは無料のメールマガジンにて、

無料公開予想を行う予定です。

 

さすがに今現在、高額投資を行っている手法(1番手、2番手)は公開を控えますが、

「3番手、4番手の手法でもこれだけ稼げる!」ということを証明できればと思います。

 

公開時期は、本ブログにて告知しますので「稼いでいる競馬予想」では無く、

稼ぎ続けている競馬予想」を知りたい方は、本ブログを日々チェック願います。

それでは今後とも、【競馬予想ブログ】をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

以上